初心者でも安心!通信機器のレンタルの一から十まで

法人から個人まで!通信機器のレンタルについて詳しく解説

安く借りて、賢く使う!レンタルする利点

通信機器をレンタルすることの最大のメリットは、その導入コストの安さです。
例えば一般的な無線機器を購入する場合、相場としておよそ20万円ほどの初期費用がかかります。
それに対し同じ機器でもレンタルをする場合は4泊5日で約5万円ほどにまで抑えることができます。

また、レンタルした機器の管理・メンテナンス費用が不要であることもメリットの一つです。
購入した場合、管理費やメンテナンス費だけでなく、必要に応じて買い替えの費用も生じますが、レンタルの場合はレンタル業者が管理・メンテナンスを行うためそのためのコストがかかりませんし、随時新機種を借りれば買い替え費用も発生しません。
他にも、用途に応じて自由に機種を選択できる、ちょっとした期間で使用できるといった利点があります。

借りる際には注意!レンタルのデメリット

一方で、通信機器のレンタルには数々のデメリットも存在します。

第一に挙げられるのが、緊急のニーズに対応ができない、という点です。
レンタル業者の取り扱う通信機器には、当然一定の在庫があるので、突然必要になった場合でも希望の機種が調達できない可能性もあります。

第二に、機種の操作方法に慣れる必要性が生じる、という点が挙げられます。
レンタル業者の扱う機器も、在庫の観点から新機種を随時導入し古い機種をその都度処分していくため、毎回同じ機種を借りることができるとは限りません。
そのため、レンタル利用者は機器を借りるたびに操作方法に慣れなければいけない、という欠点が生じます。
他にも中古品しか利用できない、長期間レンタルすると費用が割高になるというデメリットがあります。