初心者でも安心!通信機器のレンタルの一から十まで

ケースに応じて使い分け!法人のレンタルサービス利用法

法人でレンタルを使うべき場合は?

法人が携帯電話、無線機器などの通信機器をレンタルする場合、どのような利点があるでしょうか?

例えば社員用の携帯電話をレンタルする場合、レンタル費用を会社の資産に計上する必要がない他、必要に応じて新機種に更新できたり、故障・不具合の際のサポートが手厚いなどのメリットがあります。
そのため、一時的な目的で使用する、多くの機能を必要としない、端末の購入費用より安く抑えられる場合には購入よりレンタルのほうがおすすめとなります。
具体例として挙げられるのが、イベント会場で通信機器を用いるケースです。
購入するとなると、一つあたり1万円以上かかり大きな負担となりますが、レンタルすれば1日数千円で使用することができます。

レンタルよりも安い!話題のリース契約

業者によっては、レンタルだけでなく通信機器のリース契約を行っている場合があります。
レンタルとリースの違いについて、確認してみましょう。

リース契約とは、通信機器を購入し所有しているリース業者から長期間にわたり貸し出すことを定める契約のことです。
リースのメリットは、レンタルよりも割安に端末を借りることができるという点です。
また、基本的にレンタルと同じ形式なので、管理費やメンテナンス費、故障時のサポートも同様に手厚いのも利点の一つです。
一方で、リースには中途解約ができないという大きなデメリットもあります。
通信機器を借りる際は、費用やニーズなどを十分に検討してから、どのような方式で借りるかを決定するようにしましょう。